わきがは治せる。切開手術からプチワキガ治療まで方法は様々。

わきがは治せる。切開手術からプチワキガ治療まで方法は様々。

体質を改善しよう

わきがは、大きなコンプレックスの種となります。
わきが体質の人は、独特なにおいを発生させてしまいます。そのため、周りの人に迷惑なのではないか、嫌がられているのではないかという、対人的な悩みを引き起こします。

そもそも、わきがとは、私達の体にある汗腺の構造少し独特であることによって起こります。
人間には、大きく分けると3種類の汗腺があります。エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺の3つです。
このうち、エクリン汗腺は、私達の体のあちこちに存在する、最も代表的な汗腺です。私達が普段汗と呼んでいるものの大半は、このエクリン汗腺から分泌されています。その成分の9割以上は水分なので、臭いやベタつきは少なく、サラサラしているのが特徴です。
一方、皮脂腺は、毛穴の傍にあります。皮脂腺から分泌された皮脂は、毛穴を通って体外に排出されます。これが毛穴に詰まってしまうと、ニキビの原因となります。
そして、最後のアポクリン汗腺が、わきがと密接に関係する汗腺です。
アポクリン汗腺は、体中にあるわけではなく、脇の下、陰部、耳の中、乳首周辺など、特定の部位に多く存在します。
アポクリン汗腺は、エクリン汗腺や皮脂腺に比べて、皮膚の深い部分にあるのが特徴です。そこから分泌される汗は、脂質、タンパク質、アンモニア、色素、鉄分などを含むため、粘り気があります。
これらの成分が体外に排出されると、細菌に触れて分解され、わきが独特の臭いを発生させます。

このアポクリン汗腺の数は、人によって異なります。日本人の中には、アポクリン汗腺が全くない人もいるのです。
わきがの人は、生まれつきアポクリン汗腺が多い人なのです。それは遺伝の影響が大きく、体質的なものなので、本人に責任はありません。ですが、自分や周囲の人間が気にしてしまうと、社会生活を営む上で障害となる場合があります。

わきがは、病院で適切な治療を受ければ、治すことができます。実際に、多くの人がわきが治療を受けて、体質を改善しているのです。
わきが治療の基本は、超音波、レーザー、吸引、切開法などで、アポクリン汗腺を除去することです。それぞれにメリットやデメリットがあるので、ドクターと相談しながら、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

  • 超音波サーマル法
  • 再発のリスクを下げる
  • プチワキガ治療
  • ワキガチェック