わきがは治せる。切開手術からプチワキガ治療まで方法は様々。

超音波サーマル法

脇を上げる

できるだけ肌を傷つけることなく、ワキガを治療したい人は、美容外科で治療を受けるのがオススメです。
美容外科では、体を綺麗にすることを一番に考えた治療を提案してくれます。そのため、「できるだけ傷を残したくない」「綺麗な肌でいたい」という声に、しっかりと耳を傾けてくれるのです。
また、多くの美容外科は、体に与えるダメージを極力少なくできる最新の医療機器や医療器具を導入しています。最先端の技術と設備を使って、ワキガを治療することができるのです。

美容外科で受けられるわきが治療の1つが、超音波サーマル法です。超音波を使うことによって、体に残る傷を極力少なく、ダウンタイムも短く抑えることができます。
ここで、具体的な手術法を説明します。
まず、脇の下の目立たない部分を、数ミリ程度切開します。そして、ドクターが目視によってアポクリン汗腺を取り除いていきます。
その後、超音波吸引を行います。ここでは、ワキガ治療専用に開発された「ソノペット」という治療機器が用いられます。ソノペットで超音波を当てると、その熱エネルギーによって汗腺を細かく破壊することができます。
そして、粉砕された組織を器具の先端から吸引します。その結果、ワキガの原因となる組織をしっかり除去し、ワキガ再発のリスクを最小限に抑えることができるのです。
片方の脇につき、手術跡は1ヶ所ですみます。傷の長さは1センチに満たない程度で、引っかき傷のように軽度なものです。
剪除法の場合、切開部分が大きいので術後1週間程度は傷口を圧迫固定しなければなりませんが、超音波サーマル法なら1日程度でOKです。激しい運動と入浴さえ控えれば、日常生活への影響はほとんどないといえるでしょう。